こだわりたい!デザイン性のある注文住宅

作品集を取り寄せてみる

デザイン住宅であってもビルダーが全国チェーンの格安不動産業者の場合にはあらかじめ指定されたメーカーからカスタマイズされた製品から必要な設備を選ぶようになっており、希望の建材を使いたいと思うとオーダーメイドになりコストがかかるという問題が生じます。間取りや外観にそれほど差が出づらくなるというデメリットもありますので、せっかく家を建てるなら自分の望み通りにしたいと願うのであれば同じ予算でも建築士に依頼するほうがおすすめです。建築事務所ではホームページに建築事例、建築士のこだわりポイントも掲載しています。作品事例集もまとめて冊子にして配送してくれるサービスも実施していますから、自分の嗜好に合った建築士を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

狭小住宅を取り扱いしている建築事務所をチェックしてみる

建築を予定している土地が狭小な場合にはもちろん、そうではない時も狭小住宅を専門にしている設計事務所を探してみるのもおすすめです。なぜなら狭小住宅の場合には建築のための制限が多いので、生活を快適にするためのアイデアがたっぷり詰まっているからです。動線がきちんとしていて移動が楽にできたり、収納スペースもきちんと確保されているなどそこで暮らす人のための思いやりが尽くされているかどうかで建築士としてのセンスと実力を測ることができます。無垢材を使うことにこだわり持っている建築士もシンプルで暮らしやすく、長持ちする家を建ててくれる可能性が高いと言えます。外張断熱や地震対策など目に見えない部分ほど重要で、かつ建築士と工務店とのコンビネーションが重要になりますから、デザイン性以外にも誠実なサービスをしてくれるところを選ぶべきです。