注文住宅はどこに頼めばいい?

知人からの紹介のリスク

注文住宅での家づくりを考える際、何を基準に住宅会社や工務店を選んだら良いのか、迷うことが多いと言えます。特に地域密着型の工務店に関しては、情報量が少ないことが多いので、判断材料に乏しいのが実情です。一般的には知人の紹介などで、住宅会社を選んだりしており、最終的には提示された見積資料や担当者との相性で判断しています。場合によって、そこに会社の知名度が加わることもあります。確かに、知人の紹介であれば、少なくとも問題がある施工会社ではないわけです。但し、完成後に万が一トラブルが発生すると、知人との関係が悪化するリスクが捨てきれません。それ故、最終的には自分の判断基準で、施工会社を選ぶことが重要だと言えます。

注文住宅専門の工務店

工務店の中には、新築注文住宅でけでなく、リフォームや建売、そしてマンションの改修工事等を行なっている会社もあります。そうしたケースの多くは、新築注文住宅だけでは経営が成り立たないからで、経営資源も分散しがちになります。それ故、優秀な注文建築の職人が集まりにくくなり、施主の希望にそった高度な施工が行なえないわけです。確かに、新築よりもリフォームなどの方が、工期が短いため薄利多売が可能になります。そのような考えで注文住宅を手がけると、どうしても質よりも工期の短縮が優先されてしまうと言えます。それ故、新築の注文住宅を依頼する際には、注文住宅を専業にしている工務店を選ぶことが何より大切になるわけです。